投資 時事ネタ

ブロックチェーンとは?仕組みと魅力をわかりやすく解説

投資に興味がある方なら、ブロックチェーンという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ブロックチェーンとは、仮想通貨ジャンルに限らず、不動産や音楽などさまざまなジャンルで活用に向けて取り組みが進んでいる技術の一つです。

今回は、ブロックチェーンの仕組みや種類、魅力、注意点、活用事例を投資初心者に向けてわかりやすく解説します。

こちらの記事も、併せてご確認ください。

ビットコインFXの稼ぎ方とは?マネ虎のオートマージンを支える魅力を解説

つみたてNISA(積立NISA)とは?メリット・デメリットと始め方をわかりやすく解説

 

ブロックチェーンとは何か

自律分散型組織のイメージ画像

 

ブロックチェーンとは、インターネット上で重大な情報を含む取引を行ううえで必要不可欠と言われる分散型台帳技術の一つです。

データをブロックごとに管理し、チェーンのようにそれぞれを結びつけて保管する仕組みになっています。

一元管理ではなくP2Pネットワークの参加者同士で管理するため、データの改ざんリスクが低いということでも有名です。

お金の取引を金融機関を介さずに、個人単位で行えるブロックチェーンはさまざまな可能性を秘めた技術だと言えるでしょう。

 

ブロックチェーン管理体制をイメージした画像

出典元:総務省『令和2年版情報通信白書に掲載している調査 ブロックチェーン技術の活用状況の現状に関する調査研究』

 

この画期的な技術を考案したのは、国籍・名前など不明のサトシ・ナカモトという個人あるいはグループだと言われています。

2008年頃の出来事ですので、今から約15年前からブロックチェーンの技術の基礎はすでに出来上がっていたわけです。

 

ブロックチェーンは全3種類

ブロックチェーンは全部で3種類です。

  • パブリック型(基本形):承認速度は遅い
  • プライベート型(組織向け):承認速度は速い
  • コンソーシアム型

"
ビットコインやイーサリアムをはじめとした多くの仮想通貨は、パブリック型のブロックチェーンで管理しています。

最近は、会社などの限られた組織でコミュニケーションをとる一つの手段としてプライベート型で仮想通貨を管理しうまく活用しているケースも増えてきました。

 

ブロックチェーンの魅力とは

ブロックチェーンのイメージ画像

 

続いて、ブロックチェーンの魅力をご紹介します。

  • データ改ざんのリスクが低い
  • 高い信頼性を保持できる
  • システムがダウンしにくい

 

ブロックチェーンの魅力(1)データ改ざんのリスクが低い

ブロックチェーンで保管する情報は、ネットワーク参加者が合意したデータだけです。

参加者同士が同じ立場で情報を管理しているため、仮に参加者の一人がデータを改ざんしようと思っても設計上ほぼ不可能となっています。

全員が同じデータを保有していることから、バレてしまうのは時間の問題だと考えていいでしょう。

 

ブロックチェーンの魅力(2)高い信頼性を保持できる

ブロックチェーンは参加者が互いにデータを管理・共有しているため、データそのものに高い信頼性を保持することができています。

これにより、常に高い品質の環境が必要となる金融取引や企業単位の情報管理を実現しているわけです。

 

ブロックチェーンの魅力(3)システムダウンしにくい

ブロックチェーンは分散型システム構成のP2Pネットワークを活用しながらデータを管理しているため、システムダウンしにくいと考えられています。

仮に参加者の誰かのパソコンのシステムがダウンしてしまったとしても、他の参加者がカバーすることができるため、ブロックチェーンに大きな影響を与えることは基本的にないわけです。

 

ブロックチェーンの注意点

スマホを片手で持つ女性の画像

次に、ブロックチェーンの注意点をご紹介します。

  • 取引速度が遅い
  • データの削除や修正ができない

ブロックチェーンの注意点(1)取引速度が遅い

ブロックチェーンは、データの情報量を制限することができません。

つまり、参加者全員が承認を続ける限り、保管するデータは増え続けます。

保管する情報が増えると取引速度も遅くなってしまうわけです。

たとえば、ビットコインの場合は取引速度が10分程度かかってしまうということで、取引速度の遅さが課題となっています。

 

ブロックチェーンの注意点(2)データの削除や修正ができない

ブロックチェーンは、一度承認したデータは削除したり、修正したりすることができません。

データ改ざんのリスクが低くなる仕組みを取り入れているブロックチェーンだからこそ、承認後はデータの操作ができない点には十分注意が必要です。

 

ブロックチェーンの活用事例

ネットワークのイメージ画像

ブロックチェーンの技術は、精度が高くセキュリティ面でも安心できることから、国内外で積極的に導入に向けてさまざまな動きがあります。

ここでは、日本国内に限定したブロックチェーンの活用事例をいくつかご紹介します。

 

ブロックチェーン活用事例(1)信州ブレイブウォリアーズがクラブトークンを新規発行

長野県千曲市をホームとするプロバスケットボールチーム「信州ブレイブウォリアーズ」は、FiNANCiEでクラブトークン「ウォリアーズトークン」を2022年4月21日11時からクラブトークンの新規発行及び販売を開始しました。

https://twitter.com/shinshubw/status/1518784512075120644?s=20&t=NWt3HHvujg0YKvwedBbg3A

 

ウォリアーズトークンを保有することで、保有者限定特典への応募や投票企画への参加などこれまでにない体験ができます。

サポーターとなり、クラブを応援したい人はトークンの保有を考えてみてもいいかもしれません。

 

ブロックチェーン活用事例(2)Jasmy Secure PCで中小企業のテレワーク導入を支援

東京都港区に本社を構えるジャスミー株式会社は、ブロックチェーン技術を活用した「Jasmy Secure PC」をテレワークに悩む中小企業の大きな味方だと注目を集めています。

 

 

パソコンにエージェントをインストールするだけで快適な仕事環境を作り上げることができるのが大きな魅力。

テレワークへのハードルを大きく下げてくれるツールとして、将来性も十分あると言えるでしょう。

 

マネ虎なら投資知識ゼロでも簡単に不労所得が目指せる

マネ虎を説明した画像

 

ここまで、ブロックチェーンについて解説しました。

仮想通貨投資を始める場合、ブロックチェーンについて理解する必要があります。

先ほどお伝えしたとおりで、ブロックチェーンの仕組みは複雑で投資初心者からすると難解な部分も多いと言えるでしょう。

完璧に理解しようとすれば、かなりの時間を仮想通貨の勉強に割かなければいけません。

できるだけ簡単に利益を狙いたい方は、WEBセミナーに参加して仕組みを受け取るだけで始められるマネ虎に参加することをおすすめします。

マネ虎で活用するのは、シンガポールの富裕層からも定評を得ている「オートマージン」というシステムです。

参加者は仕組みをご自身のスマホに導入して、口座残高の確認を1日複数回行うのみと簡単なのでご安心ください。

参加者のマネ虎体験談はこちらから確認できます。

>マネ虎の口コミ

 

マネ虎で安定した収入源を手に入れよう

今回は、ブロックチェーンとは何かを仕組みや種類、魅力、注意点といった基本的な部分を中心に解説しました。

ブロックチェーンの技術は今後、世界の社会基盤の一つになる可能性は十分あります。

投資に興味があるものの、利益につなげるまでのリスクが不安で始められない方は、まずはマネ虎を始めてみてはいかがでしょうか。

投資の知識や経験は必要なく、隙間時間で簡単に始められるため、投資初心者には特におすすめのサービスです。

みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

\今なら参加費3万円が無料で受講できます/

LINE登録でセミナー参加

-投資, 時事ネタ
-, , , ,

Copyright© マネ虎|口コミで評判の副業ビジネス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.