マネ虎ネタ 時事ネタ

メタバースとは?仮想通貨との関係性もわかりやすく解説

ニュースでもたまに取り上げられるメタバース。Meta(旧Facebook)やグリーも積極的に参入し、これからさらに注目度が高まりそうです。

「メタバースがどんなものか気になるけれど、何となく自分には関係ない気がする」という人もいるのではないでしょうか。

今回は、メタバースとはどんなものなのか、仮想通貨(暗号資産)との関係性と共に解説します。

こちらの記事も併せてご確認ください。

ブロックチェーンとは?仕組みと魅力をわかりやすく解説

DeFiとは?特徴やメリットデメリットからどうやって稼ぐのかまでわかりやすく解説

 

メタバースとはどんなものなのか

メタバースのイメージ画像

メタバースとは、インターネット上にブロックチェーン技術を用いて作られたバーチャル空間を言います。オンラインの環境があればどこででも、アバター操作を通して多くの人と交流できるのが魅力です。

メタバースの元祖とも言われるのがメタバースプラットフォーム「ハボ・ホテル(Habbo Hotel)」や「Second Life」。名前だけどこかで聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

現代は「マインクラフト」や「どうぶつの森」、「フォートナイト」がメタバースの一種として、注目されています。

 

メタバースは身近なものになりつつある

メタバースの技術は、エンタメやビジネスなどさまざまな業界で積極的に取り入れられています。

たとえば、ビジネスの現場。コロナ禍でリモートワークを国が推奨しオフィス以外の場所で働く人も増えたことで、会議はオンラインで行うことが当たり前になった企業も増えました。

その時に取り入れられたのが、メタバースの技術を利用したバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスはアバター操作を通して会議以外で関りがない人と交流できたり、社員の帰属意識を持たせやすかったりするといったメリットがあり、現在も多くの企業が活用しています。

XR worldのイメージ画像

画像引用元:XR World公式サイト

 

エンタメではVRやARを活用したゲームやバーチャルライブなど、メタバースの技術を活用したサービスは増加しています。最近ではNTTドコモが独自メタバース『XR World』をローンチし、仮想空間内で交流したりエンタメを楽しんだりできるサービスが話題になりました。

 

メタバースと仮想通貨の関係性はどうなっているのか

メタバースと書かれた画像

メタバースは仮想通貨(暗号資産)ではなく、最新技術の一つです。

何らかのメタバースのサービスを利用する場合、多くのサービスでは利用できる仮想通貨が用意されています。

まずはどのメタバースサービスを利用するのか決めて仮想通貨取引所から仮想通貨を購入し、必要であればVRゴーグルやハイスペックなパソコンを用意してから始めるといいでしょう。

 

メタバースを利用して仮想通貨を稼ぐ方法

仮想通貨を並べた画像

メタバースは私たちの生活をより豊かにするだけでなく、その技術を活用して仮想通貨(暗号資産)を稼ぎ資産形成に活かすこともできます。

メタバースを利用して仮想通貨を稼ぐ方法

・ゲームをプレイして稼ぐ
・メタバースの関連銘柄に投資する

 

方法(1)ゲームをプレイして稼ぐ

NFTゲームは2020年から世界的に大きなブームを巻き起こしています。

メタバースを利用したゲームをプレイする場合は、ゲーム内で使える仮想通貨を用意しなければいけません。初期投資としてある程度の費用が必要な場合がほとんどですが、上手く投資すれば億り人を目指せるチャンスもあると言われています。

  1. The Sandbox(ザ・サンドボックス):サンド(SAND)
  2. Decentraland (ディセントラランド):マナ(MANA)

上記2つのゲームは初心者でも割と始めやすいと評判です。また今後、メタバースの世界的な技術普及により独自の仮想通貨の価格が高騰する可能性も十分あるため、今から始めても遅くないでしょう。

 

方法(2) メタバースの関連銘柄に投資する

新たにゲームを始めるのはハードルが高いと感じる人は、メタバースの関連銘柄に投資するのもおすすめです。

メタバースの関連銘柄の仮想通貨

  • エンジンコイン(ENJ)
  • イーサリアム(ETH)
  • サンド(SAND)
  • マナ(MANA)

仮想通貨投資をやったことがない人には、イーサリアム(ETH)がおすすめです。イーサリアム(ETH)を利用したメタバースのプラットフォーム数は多く、スマートコントラクトを実装していることもあって、今後も多くのジャンルで活用が期待されています。

迷っている人はぜひ参考にしてください。

 

メタバースを利用する際の注意点

青い机の上にパソコンのキーボードを置いた画像

メタバースの技術を活用したサービスは、私たちにさまざまなメリットをもたらします。利用する前にいくつか注意点があるので、詳しく確認しておきましょう。

 

メタバースの注意点(1)セキュリティ面は安全とは言い切れない

メタバースを利用するにはウォレットが必要です。

ウォレットはセキュリティ面で安全性が低く、過去にはハッキングされた事例もあります。またアカウント自体の乗っ取られてしまう可能性もゼロではありません。

リスク回避するためには、個人がきちんとアカウントの管理を行うことを忘れないようにしましょう。

 

メタバースの注意点(2)始めるのにハードルが高い

メタバースのサービスは無料で利用できるものも多いのですが、サービスによってはVRゴーグルやハイスペックなパソコンが必要になることもあります。

また日ごろから仮想通貨に触れたことがない場合は、ウォレット作成までの過程が難しいと感じてしまい、なかなか行動に移すことができない人も多くいるようです。

 

メタバースの注意点(3)依存しやすい

メタバースはアバターを操作してコミュニケーションを楽しむことができますが、一度始めてしまうとなかなか抜け出せないため注意が必要です。

適度な距離感を保ちながらメタバースを利用するためにも、利用する時間はある程度決めたほうがいいでしょう。

 

マネ虎なら簡単に仮想通貨投資を始めることが可能

マネ虎を説明した画像

私たちが提供するサービス「マネ虎」であれば、メタバースのように稼ぐための準備や労力をかけることなく簡単に仮想通貨(暗号資産)投資を始めることができます。

NFTゲームが爆発的なブームとなり、遊びながら仮想通貨投資を始められるからいいと思っている人もいるかもしれません。しかし先ほどもお伝えした通りで、メタバースを利用した投資はセキュリティ面で不安が残ります。

マネ虎は資金の透明性を重視しているため、参加者が知りたいと思った時に資金の運用状況を確認できたり、利益は好きな時に引き出せたりすることが可能です。

また口座は参加者本人しか触れないようになっているため、第三者が不正ログインして資産を引き出したり、口座にロックをかけたりすることができないため、セキュリティ面でも安心して始めることができます。

 

マネ虎で収入源を確保して収入アップを狙おう

今回は、話題のメタバースとは何かを投資初心者向けに解説しました。

メタバースは最新技術の一つであり、仮想通貨(暗号資産)ではありません。ブロックチェーン技術を活用しているメタバースは、高いポテンシャルを持っているため将来性は十分あると考えていいでしょう。

ただし不安な点もあるため、投資先にするかどうかはリスクも考えた上で慎重に検討することをおすすめします。

私たちが提供するマネ虎は、シンガポール発のシステムAM(オートマージン)を活用しながら不労所得を狙うため、投資初心者でも短期間でスタートすることができます。

詳細が知りたい人は、こちらからセミナー参加予約へと進んでください。

\今なら参加費3万円が無料で受講できます/

LINE登録でセミナー参加

-マネ虎ネタ, 時事ネタ
-, , , , ,

Copyright© マネ虎|口コミで評判の副業ビジネス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.