投資 時事ネタ

DeFiとは?特徴やメリットデメリットからどうやって稼ぐのかまでわかりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)投資について調べていると、DeFiという言葉がよく出てきます。

DeFiがどんな意味なのか気になるものの、難しそうな気がしてわからないままにしている人もいるのではないでしょうか。

今回は、仮想通貨投資を始める上では欠かせない言葉の一つ「DeFi」をご紹介します。

併せて、こちらの記事も読んでみてください。

ビットコインFXの稼ぎ方とは?マネ虎のオートマージンを支える魅力を解説

つみたてNISA(積立NISA)とは?メリット・デメリットと始め方をわかりやすく解説

 

DeFiは分散型金融サービス

コミュニティーをイメージした画像

DeFiはDecentralized Financeの略称で、読み方はディーファイ。

イーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型金融のアプリケーション意味します。

ブロックチェーンについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご確認ください。

ブロックチェーンとは?仕組みと魅力をわかりやすく解説

分散型金融と聞くと堅苦しいイメージを持つ人もいるかもしれません。

わかりやすく言うとDeFiは管理者がいない組織です。

一方で、銀行などの金融機関のように顧客のデータをまとめて管理している組織はCiFi(中央集権型金融)となります。

 

DeFiで取引する際の注意点

注意マークがスマホに表示されている画像

DeFiは将来性が非常に高く注目度が高いサービスではあるものの、ハッキングされた過去があることから安全性に欠けます。

ユーザー自身がリスク回避するためには、取引する際に細心の注意を払わなければいけません。

DeFiを安全性を高めながら利用するためには、人的ミスをできるだけ減らすのがベストです。

よくある人的ミスとして、ウォレット送金時の秘密の鍵の紛失や操作ミスがあります。

取引する際は手順を十分に確認して取引するように心掛けましょう。

またDeFiの法整備はまだ発展途上であることから、これから各国の政府が規制をかけることも考えられます。

DeFiを活用してお金を稼ぎたいと思っている人は、今後の世界の動きにも注目しておいたほうがいいでしょう。

DeFiのメリット

喜ぶ女性の画像

DeFiのメリット

  • 手数料が安い
  • 場所を選ぶことなく取引できる
  • 透明性が高い

 

先ほどもお伝えしたように、DeFiには仲介者が存在しません。

そのためコストカットがしやすく、手数料が安いメリットがあります。

取引する際はウォレットを使うため、口座開設の手間やそれに付随する審査などの手続きも不要となりました。

またユーザーはオンラインになりさえすれば、住む国や地域に関係なく取引することが可能です。

DeFiではソースコードを公開していることもあって、透明性が非常に高いと言われています。

ユーザーは取引をスピーディーに確認することができ、周囲からも信用を獲得しやすいと高い評判を得ているようです。

 

DeFiのデメリット

考える女性の画像

DeFiのデメリット

  • 取引手数料(ガス代)が高騰するリスクがある
  • 保証制度がない
  • 詐欺のリスク

 

DeFiを活用する上で必要な取引手数料のガス代は定価が存在しません。

取引量が増えてマイナーの承認作業などが混雑すると高騰するリスクがあります。

実際に取引量が増えてガス代が高騰した事例は、すでに他のプロジェクトで現実になっているのです。

またDeFiには管理者がいないため、預金とは違って保証制度そのものが存在しません。

責任の所存はユーザー自身にあるということになるので、何かあれば全て自己責任になるという認識をきちんと持って取引することが求められます。

DeFiはすでにさまざまなプロジェクトが進行しており、市場自体も拡大傾向にあります。

将来を見越して仮想通貨(暗号資産)に投資するのも悪くありませんが、中にはそれを利用した詐欺も潜んでいるので十分注意しましょう。

DeFiでお金を稼ぐ方法をご紹介

ビットコインとイーサリアムの画像

リスクが伴う仮想通貨(暗号資産)投資。

ハイリスクな投資先とも言われる一方で、世界的な注目度は非常に高く余剰資金を利用して資産を増やす方法としては悪くありません。

DeFiでお金を稼ぐ方法

1.DeFi関連銘柄への投資(イールドファーミング)
2.レンディング
3.流動性マイニング
4.ステーキング

(1)DeFi関連銘柄への投資(イールドファーミング)

イールドファーミングとはDeFiに仮想通貨を預けて流動性を提供することで、利息や手数料を稼ぐ方法です。

DiF関連銘柄の代表的なものにイーサリアム(ETH)やアイオーエスティー(IOST)があります。

(2)レンディング

レンディングとは仮想通貨取引所に保有する仮想通貨を貸すことで、対価として金利を利益として得ることができる仕組みです。

有名な取引所Coincheckでもレンディングは「貸仮想通貨サービス」ということで提供しています。このサービスの場合、365日仮想通貨を預けることで年利5%が金利として受け取ることができます。

(3)流動性マイニング

流動性マイニングとはDEX(分散型取引所)に仮想通貨を預けて流動性を提供することで、対価として新規トークンや報酬をユーザーに付与する仕組みです。

ただしPool(プール)機能を活用することで、入金時の仮想通貨の価格の変動が起きるリスクがあります。

複利の力をうまく利用することで利益を得られることが高く評価されており、現在多くの人が利用しています。

(4)ステーキング

ステーキングとは仮想通貨取引所が指定する仮想通貨を一定期間保有することで、ブロックチェーンの生成に貢献した対価として報酬を得る仕組みです。

ただしステーキングしている間は資金を移動したり、売却したりできないため注意が必要です。

 

マネ虎なら仕組みを持っておくだけで不労所得が目指せる

マネ虎を説明した画像

DeFiを活用しながらお金を稼ぐことは、専門知識がある人ならそれほど難しいことではないでしょう。

ただし投資初心者の場合はイチから学びながら取り組むことになるため、利益が狙える環境を手に入れるまでにかなりの時間と労力を費やすことになります。

本業以外の収入源に即金性や再現性の高さを求める人にとっては、満足できない環境とは言えません。

「マネ虎」と「GROWサロン」は第二の収入源にもおすすめ

もっと簡単に不労所得が狙える仕組みが欲しいと思っている人におすすめしたいのが、私たちが提供しているサービス「マネ虎」と「GROWサロン」です。

マネ虎は、ビットコインFXの取引を行うAM(オートマージン)を活用しながら不労所得が狙えるしくみです。

GROWサロンは先ほどDeFiでお金を稼ぐ方法で紹介した「仮想通貨レンディング」を某仮想通貨を保有して行うことで、利息を利益として狙うものです。

どちらも即金性と再現性に優れている仕組みですので、興味がある人はぜひ一度プロジェクトへの参加をご検討ください。

マネ虎の口コミはこちら

 

マネ虎でお金に困らない生活に一歩近づこう

今回は、仮想通貨(暗号資産)投資を始める上で知っておきたい言葉「DeFi(ディーファイ)」をご紹介しました。

さまざまなリスクがあると言われるDeFiですが、世界中でいくつものプロジェクトがすでに進行しており将来性が高いという一面もあります。

投資初心者で「仮想通貨投資をやってみたいけれど自分でイチから学んでいく自信がない」という人はぜひ一度、マネ虎のWEBセミナーへの参加をご検討ください。

マネ虎はもちろん、仮想通貨レンディングで利益を狙う「GROWサロン」やフルオートシステム「マネ虎アドバンス」についてもご案内させていただきます。

\今なら参加費3万円が無料で受講できます/

LINE登録でセミナー参加

-投資, 時事ネタ
-, , , , ,

Copyright© マネ虎|口コミで評判の副業ビジネス , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.